読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただボソボソとつぶやくのみ

基本つぶやき ときどきブログ そんな感じのライフログ

昨日のつぶやき日記

こんな感じで過ごしていました。


2016年5月15日 です。おはようございます。 【起床時刻 8:36/睡眠時間 6時間18分17秒】 #SleepMeister https://t.co/PhuPxQMvTm

明日からの休眠モードに備えて粛々と家事をこなす1日。

買い物に行った際、なぜか店員さんににこやかに手を振る娘。

「なんで手を振ったの?」と聞くと、「だってお店やさんはいつも〇〇ちゃん(娘)のことかわいいって言ってくれるもん!」

いやまあ確かに言われるけどさ…それを自分で言うなよw

あと、単に子供だからかわいいと言われているに過ぎないので、妙な勘違いをしないといいのだけど。

4歳も後半となると知恵がついてきて、最近は親の指示・注意に子供なりの抗議をしたりごまかしたりするようになってきた。

あまりに悪質な嘘や我が儘は許容せずに叱るけど、親の意識をちょっと変えなきゃいけない時期なのかなぁと思ってる。

赤ちゃんからの延長だとつい、親が考えた通りに行動させようとしてしまう。というか、まっさらな赤子にと新しいことを教えるには、一から十まで指示してあげなければいけなかった。

でもだんだん自我が成長した今は、何かやってほしい事があった場合、その過程については娘に任せて見守るべきなんだろう。

例えば着替えで言うなら、今までなら何をどの順番でどうやって着替えるか全部指示を出していたのを、「着替えてね」とだけ言ってあとは見守るだけにする。

ズボンより先にハイソックス履いた方が楽なのにとか、なんで一回全裸になるんだよとか思ってもぐっと我慢して口を出さないみたいな(例えですよ!!!!!)

はたから見ると当たり前なんだけど、何もかもやってあげてた新生児の日々から地続きでいる身からすると、なんか子離れの第一歩だなぁとしみじみしてしまう。

もちろんまだまだ任せっぱなしにできるって訳でもないので、加減も難しい。

叱って、泣かれて、怒っていまい後悔して、慰めて、ちょっと甘やかして、でもブレちゃまずいしと逡巡して。

ほんと、難しいです…。

2016年5月15日 (眠りに落ちたようです…) 【時刻 23:19】 #SleepMeister https://t.co/PhuPxQMvTm


ではでは。